トップページ > ヘアケア用品:トリートメント流すタイプと流さないタイプのメリット・デメリット

ヘアケア用品:トリートメント流すタイプと流さないタイプのメリット・デメリット

ヘアケア用品の1つであるトリートメントには、洗い流すタイプと洗いながさないタイプの2つあります。
洗い流すタイプは、頭を洗浄した後に使い、洗い流してから髪を乾かします。
洗い流さないタイプは、頭を洗浄した後に髪を乾かしてから使います。
オイルやミルク、ジェルなどいろんな形状があります。
洗い流すタイプと洗い流さないタイプには、それぞれメリット、デメリットがあります。
まず洗い流すタイプのメリットは、使用感が良いことです。
髪を乾かした後は、髪はサラサラになってとても気持ちが良いです。
一方デメリットは、洗い流してしまうので勿体無いと感じることです。
洗い流さないタイプのメリットは、成分が髪に長くとどまっているので、より効果が高いと感じることです。
一方デメリットは、製品によっては油分が多く配合されていて、付けすぎるとベタベタしてしまうことや、髪が乾燥してしまうことです。
効果としては、どちらのタイプも同じです。
ヘアケアのトリートメントには、毛髪に収着して損傷をカバーして髪を健康にするという役割があります。
洗い流すタイプのトリートメントも洗い流さないタイプのトリートメントも成分的には同じような役割があります。
ヘアケア用品のトリートメントを選ぶ時は、良い点悪い点をよく考えてから選びましょう。

Copyright(c) 2019 ヘアケアの正しい方法を教えちゃうよ! All Rights Reserved.